祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

2017オリックス

~オリックス、批判する某投手と責任転嫁する某野手 の巻~




置き土産

オリックス担当を離れる日刊スポーツの大池和幸記者から、ありがたい置き土産をいただきました。

 3年間担当させてもらったオリックスから、年明けに他球団担当に移る。3年すべてBクラス。外部の人間ながら、敗戦に悔しさを覚え続けてきた。なぜ20年以上も優勝から遠ざかるのか。当欄で書ききれないほど、いろいろと感じた。

まず、直言で申し訳ないが、プロ意識が低い選手が中にはいる。

ファンであるなし関係なく、3年にわたってチームに接すれば、
それなりに愛着も湧くというもの。

ときに喜び、
ときに悔しがり。

大池記者が担当した3年間はすべてBクラス。
優勝の期待が高まった2015年、
落ちるところまで落ちた2016年、
一瞬の輝きをみせるもいつも通りの結果に終わった2017年。

敗戦の記事を繰り返し繰り返し書いた記者が、最後にその敗因を探ると、
結局はここにたどり着きます。

プロ意識の低さ

私たちファンがいつも感じていることです。



 フィルター

私たちファンは、試合を観て自分なりに感じ、解釈し、
その試合の裏側に隠された事実を新聞記事で知り、
その解釈に色を付けます。

しかし、その記者の書いた記事が真実でないこともまた確かで、
取材対象との関係性もあり、書きたいけれど書けないという、記者のしがらみのフィルターを通して発せられたものであるということを認識していなければなりません。

そのフィルターを外せるのは、
記者がチームを外れるとき。

ゆえに、大池記者は外しました。
優しさは残しながら。

 逆転負けを首脳陣の継投ミスだと公然と批判する某投手出番が少なくなると「信頼されてない。早くシーズンが終わって欲しい」と責任転嫁する某野手。周囲に好影響を与えるはずがない。そんな場面を目にするたび、寂しい気持ちになったものだ。

数人思い当たる選手もいますが、
某投手が誰で、某野手が誰かは、解けない謎。

ただ、
その某投手と某野手には大いに反省してもらいたい。
記者が勇気をもって書いたこの記事を読めば、自分のことだと分かるだろうから。




 継投ミスだと公然と批判する某投手

逆転負けを首脳陣の継投ミスだと公然と批判する某投手

たしかに多くの試合を首脳陣の継投ミスで落としました。

私は首脳陣の継投ミスを批判すること自体は別に悪いことだとは思いません。

ただ、その批判がどの位置から発せられているのか
どこに座り批判をしているのか。
そこが一番気になります。

記者が記事にしないことが分かっている場所からの批判
首脳陣には聞こえない場所からの批判であるならば、それはもう話にならない。



 采配と意見

首脳陣にしっかりと向き合って、もしくは多くのマスコミがいる前で、自らの意見を付け加えつつその采配を批判する
それは批判ではなく、
意見・提言とも言えます。

指揮系統を乱す行為であることは間違いなく、ファーム落ちや罰金などの厳罰を食らうリスクを十分背負いながらの批判であれば、
それ自体は決して否定されるべきものではなく、
むしろ好転する可能性を秘めたものでもあります。

例を挙げれば、
先発の早いイニングでの降板による中継ぎ陣の疲労蓄積を訴えた、ソフトバンク・サファテの行為が、
それに当てはまるものでしょう。

その試合はロメロがサファテからサヨナラ本塁打を放ち、オリックスがサヨナラ勝ちを収めましたが、
その試合後にサファテは「先発投手がこれだけ連続で(早い回で)降りられると、ツケが回ってくる。岩崎、森、嘉弥真、みんな疲れている」「先発陣は何か感じて欲しい」と訴えました。

工藤采配に対する明らかな批判

すわ、内部分裂かと思いきや、
翌日サファテは工藤監督に直接謝罪を申し入れ、
工藤も「こちらこそ申し訳ない。お前にそういうことを言わせてしまった。俺は反省している」と逆に頭を下げ、
チームは一致団結し、優勝に向け再加速しました。

リスクを負わず、
隠れて、自らは安全な位置から、
こそこそと文句を言う奴

これが一番みっともない。



 責任転嫁する某野手

出番が少なくなると「信頼されてない。早くシーズンが終わって欲しい」と責任転嫁する某野手

こちらはとっととチームを出ていってもらいたい

そんな考えじゃ、シーズンが終わって次のシーズンを迎えても何ら変わらないでしょう。
同じことの繰り返し
だから「信頼されてない」のです。

組織に属している以上、不平不満は当然のように生まれます。
特に出場枠が限られている世界は。
ただ、そこから給与をもらっている身であれば、不満に耐え、自らの仕事を全うする義務があります。

それがいやならば、
不平不満を自ら解消できる立場まで上り詰めるか、
そこから去るか。
このどちらかしかありません。

それができないのであれば、
信頼されていようがいまいが、自らがやるべきことを一生懸命やるのみ

また、
別の働き場所に行くことは決して逃げではなく、むしろ勇気。
勇気をもってオリックスを去った坂口は、今年一億円プレーヤーに返り咲きました。

すべてを捨て去る勇気もないくせに、
「信頼されていない。早くシーズンが終わって欲しい」と管を巻く

こちらも、みっともないの一言です。



 トンネルの向こう側

 それでも、近年ドラフトで実力者が加入。チームに刺激を与え、いい風が吹いてきた長年低迷する理由を全員がとことん考え、一枚岩となれば、トンネルは必ず抜け出せる。もっと魅力ある球団になってもらいたいと、切に願う。

この愛ある諫言の最後は、チームに対する希望で締められています。

腐った環境が20年間続いた結果生まれた澱が一掃されるまでには、
まだまだ時間を要しそう。

しかしこのチームがいま変革期を迎え、変わりつつあるのは確か。

トンネルの向こうから光は見えています

そこに向かって福良を中心にチームが一つになり、突き進むことができるのか。

できると信じています。





※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

-2017オリックス
-