祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

福良淳一

~オリックス、ハッピー&グッド? の巻~

.308

モレルのオープン戦の打率でも、
Tの打率でもありません。
これ、
オリックスのオープン戦の勝率(4勝9敗3分)です。

海田の破滅的なピッチングなど、
オープン戦ならではの試合運びや選手起用もありましたが、
オープン戦ラストの阪神戦は、
勝ちにいっての、1分け2敗。
少なくとも、
ハッピー&グッドではありませんでした。

開幕まであと3日ですが、
福良監督大丈夫ですか…。




福良のポリシー

春季キャンプ。
Tがファームスタートとなった理由、
吉田正がファーム落ちとなった理由、
それは、
福良監督曰く、「制限がかかっている選手が1軍にいても仕方ない」から。

体調がすぐれない者、
戦える体にない者を、
最前線から追放することでチームとしての厳しさを示しています。
ならば、
ここで一つの疑問が生まれます。
果たして、糸井はどうなのか?
ネームバリューは球界屈指。
実績も球界屈指。
しかし、
いまの糸井は戦える体でしょうか?

ネームバリューに寄りかかることの危うさは昨年実証済みですし、
人をみて言うことを変えることの危うさも、森脇前監督が立証済み。
福良監督がそのポリシーを踏襲するのであれば、
いまの糸井はファームスタートではないでしょうか。
もちろん、体調が戻ればすぐに一軍に戻ってきてもらわなければいけない選手ですが。
緊張感が感じられなかったオープン戦終盤。
思いきった施策が必要な気がします。
そう、
悲願の優勝を狙うためには。

-福良淳一
-,