祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

中島宏之

~オリックス、5失策で大逆転負け の巻~

5点先取も

情けない
初回、一気に5点先取。
近藤好投。
で、なぜか近藤降板。
二番手・ルーキー赤間、自滅。
ポロポロエラーし続け、
なんやかんやで、結局9点取られて、大逆転負け…。

で、
開幕二連敗。

情けないよ、はっきり言って

開幕2戦目ですが、
こんな試合みると、
もう耐えれません。
情けないよ、オリックス




近藤大、謎の降板

開幕2戦目を任された近藤大が、3回1失点で降板。
逆転負けの主因となったその降板に、昨夕からずっとむしゃくしゃしていたのですが、
原因は、肩の違和感とのこと(次回登板未定)。
それならば、まあ仕方ないです。

怪我でなく、もしそれが首脳陣の判断であったならば、
福良を支持し応援するのは金輪際やめようとさえ思っていました。
それくらい頭に来てました。

で、4点リードで後を継いだのが、ルーキーの赤間。
ねぇ、福良さん・酒井さん、
開幕初勝利のかかった大事な試合、
ここでプロ入り初登板ですか?

もちろん近藤大もプレッシャーがかかっていたでしょうが、
先発なのでまだ心の準備ができます。

赤間は中継ぎ。
急な登板が中継ぎの務めではありますが、
ちょっと酷でしょう。

残り6イニング、
4点差は決してセーフティーリードではありません。
岸田、小松らベテランで反撃の種を摘むべきでした(二人ともその後に登板し失点しましたが、その時点で流れが既に西武でした)。

西武を、なめてましたね、明らかに。
勝つということを、なめてましたね、明らかに




5失策

それにしても内野陣、
なんですか、これ?

特に、中島。
その守備、不安視していましたが、論外です。
2年の海外挑戦でこんなに下手にならないでしょう。

例えば故障等の何らかの理由で、野球から離れていたならば別ですよ(古い話ですが、ダイエー拒否しハワイに行った元木のように)。
メジャーに上がれなかったのはいいとしても、
少なくとも、3A・2Aで野球やってたんでしょう?
そこで一生懸命やっていたら、ここまで落ちないはず。
その価値は別としても、少なくともゴールデングラブを受賞した選手。
むこうでどれだけさぼっていたのか、明らかになりましたね。
情けないよ、中島
で、早く帰ってこい、安達!

書きたいことまだありますが、
今日勝てば、まだ許せます、応援できます。
しかし、もし、負けるようなことになると…。
優しいオリックスファンも、早々と見捨てますよ。

ほんと、
情けないよ、オリックス

-中島宏之
-,