祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

駿太

~オリックス、外野戦争勃発 の巻~

躍動する駿太・小田

今日は練習試合、オリックスvs斗山ベアーズ。
11回までの変則試合でした。
10-7と勝利しましたが、
この時期、勝った負けたより大事なのは、若手の台頭。
山崎福也の好投、ドラ2近藤大亮の力投も見事でしたが、
やっぱり、駿太と小田でしょう。

駿太は2安打2盗塁。
負けじと小田は3安打2盗塁。
臨時指導を仰いだ福本豊氏の指導の賜物でしょうね。
福本さんは、コーチとしては小難しい理論を好まない感覚型の人(現役時代は、日本人で初めてビデオカメラで投手の癖を研究したといわれるほどの研究家)。
走塁に対する気持ちの面を主に説いていたようです。
キャンプ時期とはいえ、こうやって即座に結果が出るのはやはり嬉しいものです。

盗塁は、結局は心構えだと思います。
3日の指導で劇的に足が速くなるわけはありません。
行くか行かぬか。
狙うか狙わぬか。
どれだけ俊足でも狙わない限り、盗塁数が増えることはありません。
ヤクルトに移った坂口が、いい例です。

プロ入りは駿太が先ですが、
年齢は社会人を経た小田が上。
ドラフト順位は、駿太1位、小田8位ですが、
右投げ左打ち、
俊足好打、
ハンサムとよく似ています。

ライトを糸井、
レフトをTかボグセビックで争い、
空いてるのはセンターのみ。
実績と守備範囲を考慮すると、
駿太のほうが一歩リードという現状でしょうが、
駿太の実績も吹けば飛ぶようなもの。
駿太と小田、二人が切磋琢磨することで、
チームの攻撃力をアップさせてほしいところです。

うん、視界良好。
オリックスバファローズ、
優勝いけそうです!

-駿太
-,