祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

安達了一

~オリックス、2019・紅白戦スタート の巻~




表裏一体の紅白戦

打者が打てば投手陣が心配になり、
ピッチャーが抑えればバッターが不安になり。

期待と不安が表裏一体の紅白戦

であるからこそ、結果よりも内容、換言すれば選手の姿勢が重要視されます。

その姿勢、チームとしての方向性が、2019年初の実戦である紅白戦で表れた気がします。



盗塁

成否はともかく幾回も繰り返し見られたのが、盗塁
これは昨年も同様で真新しく感じませんが、今季掲げた積極性の象徴とはいえ、
韋駄天・佐野が一軍に呼ばれたように、盗塁が今季のオリックスの攻撃の主体となってきます。

何回も書いてはいますが、セイバー上盗塁の効果は否定されており私自身も盗塁数に拘りはありませんが、
その副次的効果として次の塁を狙う姿勢が生まれれば、チームにとってこれほど大きいものはなし。
そしてそれこそがオリックスに欠けているもの。

走れないベテランが消えた今季、走塁意欲の徹底を図るにこれほど最適な時期はなし。



竹安大知

今季初の紅白戦で先発を務めたのが、阪神から移籍の竹安大知
アウトローに制球されたストレートはお見事で、2回を投げ3奪三振。
ランナーを背負った際にピッチングが崩れましたが、初回の投球はさすがという印象。

肘の故障に肩の故障。
昨年は体調不良もあり、まだ体が出来上がっておらず成長途上。
いきなりの一軍ローテは期待が大きすぎ、焦らずに登板機会を重ねながら育っていってくれれば。



安達了一

安達が2安打
安達らしい強いリストを活かしたバッティングが2つ続きましたが、正直半信半疑。

遊撃補強というドラフト方針に福田のショート転向。
さらにいえば新監督の誕生。
いままでのままだとショートスタメンは微妙で、安達の尻に火が点いたことは確か。

ショートは安達が私の希望。
実力でライバルを蹴落とし、その位置を確固たるものにしてくれれば。



宗佑磨

元気がなかったのが宗佑磨

成瀬から三振を喫するなどここまでも負の話題を提供していましたが、
今日も打撃がいまひとつ。

自分の間がとれておらずトップができていない
ヒッチが目立ちタイミングの遅れが顕著だったのが一昨年までの宗でしたが、今日の打席はそれを思い出すに十分な内容。
力強いスイングもみられず、ここは心配です。

期待の宗といえど、もちろんセンターが確定したわけでなく、
すぐ後ろに今日もヒットを放った小田に武田が控え。

「超積極性」のスローガンの下、各ポジションで「競争」が始まりました。





よろしければ一押しお願いします。

-安達了一
-, ,