祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

西村徳文

~オリックス、西村野球でオープン戦白星発進 の巻~




アルバース&若月

本日から始まったオープン戦。
メンバー的には練習試合と大差はないとはいえ、舞台が本拠地・京セラだと気持ちの盛り上がりが違います。

先発はアルバース
4回を投げ被安打2、無失点。

いつも通りテンポのいいピッチングで打者を翻弄。
二回のピンチは注文通りの内野ゴロゲッツーに仕留めます。

昨年同様、右打者の内角にしつこく構える若月
そして昨年同様、物怖じせず淡々と若月の構えるインコースに投げ込むアルバース

アウトコース要求率が12球団トップであった伊藤ならば、アルバースのよさをここまで引き出せたかどうか。
アルバース-若月。
いいコンビです。



山本由伸

二番手は、山本由伸
こちらも2回/被安打1・奪三振3・無失点と好投。
アルバースの後に投げると、その速さがより際立ちます。

ストレートは球速・球威・キレともに申し分なく、比較するのは申し訳ないものの、高校時代、九州四天王と評され今回の侍ジャパンにも選出されたヤクルト・梅野とはワンランク違う印象。

先発仕様への変更は球数減から。
2回で21球ならば十分に目標達成。

カットにスプリット、スライダーさらにはカーブ。
あのストレートにこの変化球。

称賛のみ



榊原翼

三番手は、榊原翼

エイヤと真上から放り込むも、紅白戦同様制球おぼつかず
内・外角の投げ分けでなく、ストライク・ボールの投げ分けのレベルですが、そこももう一つ。
先発ローテ争いからは一歩後退の印象。

力のあるストレートと大きなカーブは魅力十分なだけに…。



メネセス&マレーロ

打線の方では、助っ人二人。
メネセスにマレーロ、ともに2安打。

マレーロは外のボールを引っ張ってレフト前ヒット2本。
アウトコースを押っつけてでは、マレーロの魅力は半減。
内寄りの甘いボールならばいつでもスタンドインしてくれる期待感が、いまのマレーロにはあります。

メネセスは均衡を破る先制のツーベースを含む2本。
脇が開かず最短距離でバットが出ており、率はしっかりと残してくれそう。
大きいのはそのうち出るでしょう。

現状、ロメロの出遅れの影響はなし。



七回の攻撃

昨年までと違うと感じたのは1点リードの七回の攻撃

エラーで出た小田に代わって代走・佐野。
打者は九番の若月。

前監督ならば迷いなく犠打のところ、まずは佐野が盗塁
タイミングアウトもショートがボールをこぼし無死二塁。
前監督ならば迷いなく犠打のところ、若月に任せ、若月は期待通り右への進塁打



超積極型

一死三塁となったところで、福田がこちらも期待通り叩きつけて一塁手の上を越えるタイムリーで欲しかった追加点をゲット。
そして、打った福田は敢然と一塁を回り、ヒットをツーベースに変える好走塁
これぞまさしく、「超積極型」がなせる業。

新監督の教えが選手に届き、選手がその通りに動き始めています。

西村野球の具現化が、この七回の攻撃ではないでしょうか。

いい野球でした。



頓宮裕真

そして八回、ルーキー・頓宮がストレートを叩いてレフトスタンドに

角度といい飛距離といい、まさにアーチストのそれ。
課題の三塁でも好守がみられ、今後ますます出番が増しそう。
頓宮の打席を観たい。
そう思わせる選手です。

最後は今季初登板の増井が締め、2019年オープン戦白星発進
快勝と言っていい出来に、さらに期待が高まります。





よろしければ一押しお願いします。

-西村徳文
-, , , , , , , ,