祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

山岡泰輔

~オリックス、貧打変わらずも山岡の粘投と好守でなんとか連敗ストップ の巻~




「切り替えればいいだけ」

前カードで佐々木朗希の前に完全試合を喫したオリックス打線。
「ただの1敗です。100敗したわけではないです。あさってから切り替えればいいだけ」と気丈に語っていた中嶋ですが、リーグワース打率の打線は気持ちの切り替えだけで変わる状態ではなく、コロナ中止明けの初戦、本拠地での西武戦も得点わずか1で落としました。

来日後好調続いていたバレラも急停止。
吉田も上がってこず、スタメン復帰の杉本も甘い真っすぐを捉えきれず外への変化球空振りのパターンを繰り返し、2年目に賭けたラベロからも快音は聞こえず打率は1割台前半。

中軸がここまで打たねばビッグイニングは難しく、そうこうしているうちに力投する投手が根負けし。



山崎福也

先制点貰った直後に崩れた山崎福也
バレラのエラーも大きかったですが、先頭の外崎への粘り負けの四球の方が痛かった。

100球超えたところで追加点を失った山崎。
これでまた勝ちゲームでは早めに見切られることになりそうですが、成長させるには100球超えてからのベンチの辛抱は必須。
昨季から投球内容は素晴らしいものがあり、ただ先に投げる投手と山崎をみなすは、山崎個人にとってもチームにとってももったいない。



山岡泰輔

流れ的にもずるずるといきそうなところ、2戦目の先発を託されたのは、山岡泰輔
好調とはいえぬ内容も粘り、6回無失点

初回一死一三塁からのダブルスチールを伏見が封じ、三塁バレラにショート紅林。
野手の再三の好守にも助けられ、先発としての役割を十分に果たしてくれました。

野手の援護がなかなか期待できぬなかピッチャーは粘り、打てぬ野手はそれならばと守備を頑張り。
現状こういう戦い方しか勝利は望めないのがつらいところ。



1本のヒット

1本のヒット。
プロの技術が凝縮された一打もあれば、飛んだところがよかっただけの一打もあり。

この試合でいえば、前者が五回の安達の巧打で、後者が安達に続いた杉本のタイムリー

一軍復帰の安達の芸術的な右打ちでつくったチャンスで出た杉本の適時打。
しっかりと変化球をアウトローに3つ揃えた西武先発隅田の好投を、なんとかバットに当てて転がしました。

復調のきっかけになる当たりとはいえませんが、ヒットはヒット。
そして1本のヒット以上の良薬もなし。



ビドル

最後は平野が、渡部の好守もあり3人で締めて連敗ストップ。
平野もさすがですが、それ以上に素晴らしいのが新外国人のビドル
7試合に登板しいまだ失点0、K/9も10.29とリリーフ陣随一のピッチングをみせてくれています。

助っ人の中で最も期待値が高かったのがビドル。
内容的にはその期待以上のものをみせてくれています。

ただ貧打は変わらず。
さすがにそろそろ上がってきそうなものですが。




祈優勝!オリックスバファローズ - にほんブログ村
よろしければ一押しお願いします。

-山岡泰輔
-, , , ,