祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

松葉貴大

~オリックス、逃げ切れず の巻~

松葉、好投

今日の先発は、前回の楽天戦で頑張った松葉。
その試合は9回に平野が打たれ、勝ち投手とはなりませんでしたが、
今回も、前回同様の結果となりました。

中継ぎの酷使が目立つオリックス。
現在のオリックスの勝利の方程式、吉田一、塚原、平野がそろって失点したら、
勝てる試合も勝てるはずがありません。

昨日、5-0と大きくリードした場面で塚原出したのが、響きましたね。
佐藤達也、岸田(本日抹消)、白仁田に5点リードの場面を任せられない中継ぎ陣の質の低さ。
これが問題です。

ファームで投げ始めた比嘉が、
全盛期の7割ぐらいでいいので、戻ってきてくれると助かるのですが。

そんななかでの、松葉の2試合連続の好投は収穫ですね。




先発を育てるということ

若手投手を育てるためには、責任を与えることが最も有効だと思います。
勝ち試合ならば、5回よりも6回、6回よりも7回、7回よりも8回。
その試合を、若手投手に信じて任す覚悟
その覚悟が首脳陣にあれば、彼らは意気に感じるはず。

若手投手を育てようという意思がなく、
目先の1勝にこだわり、早めの交代に終始した森脇。
激闘の翌年、
若手投手は東明を除いて誰一人成長していませんでした。

今日の松葉、100球にも届いていませんでした。
前回のこともあったから、もっと投げたかったはず。
その機会を奪い、結果として勝利をも奪う。
なんか、もったいないですね。




平野…

審判の判定など、いろいろ納得できない場面もありましたが、
一番悪かったのは、平野。

サヨナラヒットもいいんです、野選もいいんです。
ただ、
先頭打者への四球だけはいけません

先頭打者の出塁、
いまや平野のお約束です。
守護神に戻った直後は、そんなことなかったんですけどね。

平野、次はほんと頼むよ。
オリックスの抑えは、君しかいないんで。

-松葉貴大
-,