祈優勝! オリックスバファローズ

~オリックスバファローズを心から愛するファンの、ブログ~

松葉貴大

~オリックス、ミス続出でオープン戦初黒星 の巻~




ミス

オープン戦2戦目は4-5で負け。

九回、安達のヒットの後、後藤が追い込まれながらもレフトにタイムリーを放ち1点差。
打席に入るはなにかやってくれそうな期待を常に抱かせる杉本。
右中間破るかと思われた打球は、差し込まれており平凡なライトフライ。
続く白崎が倒れ、オープン戦初黒星。

オープン戦らしく両チームにミスが続出した試合。
ミスの量が多かったオリックスが負けたということ。



2試合続けての二塁牽制死

松葉の初回先頭打者への四球に、三回は頓宮の送球ミス、さらには八回の山田の先頭打者への四球
さらには若月の三塁悪送球に、杉本のチャージミス。
これらすべてが失点につながり、攻撃面では小田が2試合続けての二塁牽制死

これだけミスが頻出すれば勝てるはずもなし。

2試合連続スタメンの小田は塁に出ると佐野以上に画面からも積極性が伝わってくるほどで、それ自体は評価すべきも、右足に重心がかかり過ぎている印象。

俊足の小田だからこそ三盗を狙えるのですが、
俊足の小田だからこそワンヒットでセカンドから還ってこられる。
ゆえに三盗自体は100%に近い確率でないと走ってはいけない。
しかし三塁を盗めば犠飛でも内野ゴロでも1点入る。

小田の気持ちも十分に理解できますし、いまだからこそできない部分を試している部分もあるはずで、なかなか難しいところ。



松葉貴大

先発の松葉は結果だけみれば5回3安打2失点。
しかし、拍手を送るような出来にはみえず。
のらりくらりが松葉のピッチングとはいえ。

とにかく課題は、例年通りに左打者
今日打たれたヒット3本もすべて左打者にやられたもの。

右打者の外に逃げるチェンジアップを左打者には投げられず、それゆえ左打者の懐を攻めきれない。
データの少ないセリーグ相手にはそれで通用しても、その課題がバレているであろうパのチームに対してはたしてどうか。
懐疑的にならざるを得ません。



マレーロ、メネセス

チャンスで結果を残したのは、吉田正尚にマレーロ。
特にマレーロはこの調子が持続できれば開幕一軍当確レベル。

マレーロは外の球をマレーロらしく引っ張ってのヒット、
新外国人のメネセスは外の球を逆らうわずにセカンド頭上を超えるヒット。
両外国人が持ち味を生かしています。



西浦颯大、T-岡田

飛ばしてきた西浦に当たりが出ず
凡打になってもあれだけ強い当たりが出ていたのに、最近は打球が弱く。

今日も代打で登場のT
アウトローのボール気味の球をしっかり捉えセンター前へ。
状態的には決して悪くはみえず。



西野真弘

一打席の出場も、光って見えたのは九回代打で登場した西野真弘
記録的にはショートゴロでファーストエラーも、その打球は強くきっちりと捉えたもの。

体が一回り大きくなり、スイングも明らかに昨年より強くなっています。

西野のセカンド守備を、決して上手くはないもののそれでも実力より低く見積もっていた前監督が去り、契約更改でセカンド再挑戦をアピール。
しかし、セカンドでは現状福田、大城に続く三番手。
私はサードで開幕スタメンと踏んでいますが、ルーキーの頓宮が予想以上の結果を残し出場機会を掴み。

ただ、ルーキーの長距離砲が順風満帆にいくことはなく、西野に必ずチャンスは巡ってきます。
そのときまで腐ることなく、自分のやれることを精一杯やっていて欲しい。





よろしければ一押しお願いします。

-松葉貴大
-, , , , , , ,